中古車査定買取ガリバー

2006年11月04日

SRX

posted by ガリバー at 12:59| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セビル

posted by ガリバー at 13:00| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハマーH1

posted by ガリバー at 13:07| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

キャデラックSTS買取価格と査定 中古車価格

この車はマトリックスリローデットでかっこよく走り回っていたキャデラックSTSです。
知らない人でも写真をみたら思い出すかもしれません。
STSの語源はセビル・ツールング・セダンの略でSTSとなっています。
買うならやはり白かシルバーがいいと思います。
キャデラックというといかつくて、いかにもアメ車という雰囲気を想像しますがこの車はヨーロッパ車と間違えるくらい洗練されたスタイルの車だと思います。

↓売りたい人と買いたい人はコチラ
STS
posted by ガリバー at 21:21| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャデラックSRX査定価格と買取 中古車価格

キャデラックSRXはSTSのSUVバージョンです。
SUVはいろんなメーカーの車種を見かけますがキャデラックのSRXは滅多にみないくらい珍しい車種ではないかと思います。
コンセプトカー「ヴィゾン」から受け継いだ、直線基調の斬新なスタイリングをGMがCTSで新開発した定評ある「シグマアーキテクチャー」をベースに四輪駆動(AWD)システムを搭載している。インパネは、キャデラックならではの高級感をアピールする。サンルーフ“ウルトラビュー”は走行が楽しめるものだ。 キャデラックSRXを是非あなたへ!

posted by ガリバー at 21:36| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャデラックCTS査定と買い取り価格 中古車価格

100周年を迎えたキャデラックの新ブランドとしてキャデラックCTSが2003年に発売されアートアンドサイエンスを具現化した初の量産モデルです。
インパネとドアトリムにはウレタン仕上げを室内全体に統一感を持たせている。CTSはキャデラックのイメージからは大きく異なるスポーティなスタイリングを身にまとい、新設計の後輪駆動シャーシを導入した。

↓キャデラックCTSを売りたい人と買いたい人はコチラ
CTS
posted by ガリバー at 21:47| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャデラックセビル査定価格と買取 中古車価格

世界最大の自動車メーカー、GMの中で代表的なブランドがキャデラックセビルだ。その象徴となっているのが見るだけで威圧的なボディ。そのキャデラックがオイルショックと影響を受けて76年にデビューさせたFFミディアムセダンがセビルなのである。スタイルはメッキで彩られた格子型グリルからは、キャデラックの伝統と格式、そして力強さを感じる。

↓キャデラックセビルを売りたい人と買いたい人はコチラ
posted by ガリバー at 21:59| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャデラックコンコース査定価格と買取 中古車価格

キャデラックのFF最上級モデルとしてラインナップされていたのがコンコース。キャデラックを代表するモデルらしく全長×全幅×全高が5360×1950×1450mm、ホイールベース2890mmというフルサイズボディを持つ。フルオートエアコンやクルーズコントロール、フロントパワーシートの他、オートレベライザも装備。サスペンションはフロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーンで、セビルより乗り心地を重視したセッティングが施される。

↓キャデラックコンコースを売りたい人と買いたい人はコチラ
posted by ガリバー at 22:04| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャデラックエルドラドの査定価格と買取 中古車価格

キャデラックエルドラドは国産車では味わえないボディーの大きさが自慢のアメ車です。おっきな車へ乗ったときの優越感はキャデラックエルドラドならではの味わいがあるのではないでしょうか。


↓キャデラックエルドラドを売りたい人と買いたい人はコチラ
posted by ガリバー at 22:14| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャデラックエスカレード査定価格と買取 中古車価格

エスカレードは2代目タホをベースとキャデラックブランド初とラグジュアリーSUVで、フルサイズボディを持ち、2950mmものホイールベースによって居住空間も確保している。デュアルエアコンやクルーズコントロール、本革&パワーシート、ウッドパネル、BOSEプレミアムサウンドシステムなど充実の装備を見せる。抜かりない配慮がなされ、運転席&助手席&サイドエアバッグ、ABS、TCS、スタビリティトラックシステムなどを標準装備したキャデラックエスカレード
SPに囲まれたアメリカのVIPが乗っている姿が印象的です。

↓キャデラックエスカレードを売りたい人と買いたい人はコチラ
エスカレード
posted by ガリバー at 22:20| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャデラックDTS査定価格と買取 中古車価格

アメリカ大統領専用車に使われるキャデラックの最上級車DTSです。一度は乗って見たいと思う人もいるでしょうが大半は実現せず終わっているのではないでしょうか。目立つこと間違いなしです。

↓キャデラックDTSを売りたい人、買いたい人はコチラ
DTS
posted by ガリバー at 22:31| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャデラックドゥビルの査定と買取 中古車価格

斬新なテクノロジーで、キャデラックのブランドイメージを高めることに貢献してきたドゥビルは、最上級のサウンドを提供する8スピーカーのBOSEプレミアムサウンドシステムに加え、ステアリングにヒーター、フロントシートにクーラーを装備。ドゥビルは温もりと格調のある広々とした室内空間と、滑らかで快適なキャデラックが世界に誇る最高級ラグジュアリーカーなのだ。

↓キャデラックドゥビルを売りたい人と買いたい人はコチラ
posted by ガリバー at 22:42| アメ車の査定価格と買取相場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする